日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

日経バイオテクONLINEより
英AstraZeneca社のCOVID-19ワクチン、製造拠点を世界中に増やせるワケ
海外ではAZD1222の第3相が、日本では第1/2相が進行中

 英AstraZeneca(AZ)社が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン(AZD1222、旧開発番号:ChAdOx1 nCoV-19)の製造拠点の確保に力を入れている。AZD1222は、チンパンジーアデノウイルスをベースとしたウイルスベクターワクチンで、現在、米国やブラジルで最終段階の臨床試験が進行中。並行して、AZ社は、企業や研究機関などと契約を結び、世界中に製造拠点を増やしている。それを可能にしている要因の1つは、AZD1222の製造法にありそうだ。


この記事を読んでいる人におすすめ