日経メディカルのロゴ画像

 先日、一般用医薬品(OTC薬)の乱用に関する報告書について記事を書いた(関連記事)。OTC薬の適正使用に関する2019年度の厚生労働科学研究で、「濫用等の恐れがある医薬品」として国が指定している医薬品以外にも、市販のかぜ薬などの乱用の実態があることが報告された。

 この「濫用等の恐れのある医薬品」とは、医薬品医療機器等法(薬機法)施行規則に基づき厚生労働大臣が指定したもので、以下の6成分を含む医薬品が該当する。

この記事を読んでいる人におすすめ