日経メディカルのロゴ画像

 医療機関や介護施設などの従業者で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者・入所者等に対応した者に20万円、その他の者には5万円を慰労金として支給する――。5月27日に閣議決定された第2次補正予算で、「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」を大幅に拡充し、医療従事者などへの慰労金の支給や重点医療機関への支援などが新たにメニューに盛り込まれました。同交付金の金額は2兆2370億円と、第1次補正予算の1490億円から15倍に拡充。介護・障害福祉も新たに交付金の対象になりました。

 医療機関の医療従事者や職員に関しては、図1のように配分。介護施設等の従業者には図2のように配分される見通しです。都道府県等が設定する重点医療機関やCOVID-19患者の入院を受け入れている医療機関、帰国者・接触者外来を設置した医療機関、PCR検査センターなどに勤務し、患者と接する医療従事者や事務職員には20万円、その他の医療従事者や事務職員などに5万円を給付するというものです。

図1 「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」の概要
出典:2020年度厚生労働省第2次補正予算案(参考資料)

図2 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(介護分)
出典:2020年度厚生労働省第2次補正予算案(参考資料)

この記事を読んでいる人におすすめ