日経メディカルのロゴ画像

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るっている。米Johns Hopkins大学のデータによると、2020年5⽉11⽇時点で、全世界で感染が確認されている患者数は410万⼈超、死者は28万⼈を超えた。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による影響は、医療崩壊に留まらず、世界経済にまで及んでいる。感染拡大のピークを越えた国や地域もあるようだが、第2波、第3波の感染拡大が訪れるとの見方もあり、人類とCOVID-19との闘いは長期戦となりそうだ。

 ただ、COVID-19の克服に向けた希望の光は確実に見えてきている。2020年5月7日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会をweb会議形式で開催し、米Gilead Sciences社が、COVID-19に対して開発している抗ウイルス薬「ベクルリー点滴静注液100mg」、「同点滴静注用100mg」(一般名レムデシビル)の特例承認を了承。厚労省は同日付で、同薬を正式に特例承認した。米食品医薬品局(FDA)がレムデシビルについて緊急使用許可(EUA)を出していることなどを受け、医薬品医療機器等法(以下、薬機法)に規定されている特例承認の仕組みを利用した。COVID-19に対する治療薬が日本で初めて承認された。ただし、重症患者を対象に投与することが原則とされており、当面の間、対象患者は気管挿管されていたり、体外式膜型人工肺(ECMO)を使用していたりする入院患者などに限られるとみられる。

 レムデシビルは、Gilead社がもともとエボラ出血熱を対象に開発を進めていた低分子化合物だ。細胞内で代謝された後、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害することで、SARS-CoV-2の増殖を抑制すると考えられている。試験管内(in vitro)の実験でウイルスの活性を抑えることが分かっており、有望な治療薬候補として複数の臨床試験が進められてきた。

この記事を読んでいる人におすすめ