日経メディカルのロゴ画像

 2000年の調剤報酬改定で薬剤の名称などを手帳に記載すると加算がつくようになって以降、お薬手帳は広く用いられるようになってきた。だが、「しょせん薬剤師のもので関係ない」と考えている医師の方は多いのではないだろうか。

この記事を読んでいる人におすすめ