日経メディカルのロゴ画像

日本発のエボラワクチンを世界に届けるためにの画像

 東京大学医科学研究所附属病院感染免疫内科の四柳宏教授らは、2019年12月5日、都内で記者会見を開催。エボラ出血熱(エボラウイルス感染症)に対するワクチンである「iEvac-Z」(アイイーバックゼット)の安全性などを確認するための臨床研究(フェーズ1相当)を開始したと発表した。エボラ出血熱に対するワクチンの臨床研究は国内初であり、iEvac-Zのファースト・イン・ヒューマン試験となる。会場では複数のテレビ局が大掛かりなビデオカメラを構えており、メディアの関心の高さがうかがえた。

 iEvac-Zは、東京大学医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野の河岡義裕教授らが米国ウィスコンシン大学の研究チームと開発したエボラウイルスに対する不活化ワクチンだ。製造法などの詳細は割愛するが、河岡教授はiEvac-Zについて、「正常な細胞では増殖しない人工エボラウイルスに不活化処理まで加えて製造するため、高い安全性が期待できる」と説明する。

この記事を読んでいる人におすすめ