日経メディカルのロゴ画像

地域医療構想がこれまで“低調”だった理由とはの画像

 厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ」が9月26日、公立・公的病院のうち再編統合(病床機能の変更や病床削減も含む)の再検証を要請する病院の名称や実績の分析結果を公表した。これを受け、一部の地域で住民や関係者に大きな戸惑いや不安が生じ、10月4日に国と地方による協議の場が設けられた。再検証を求める病院を公表するという思い切った政策の背景には、これまで地域医療構想の議論が低調で、制度の目標達成からは程遠かったという要因がある。

この記事を読んでいる人におすすめ