平成から令和に元号が変わり、診療所の経営環境はどう変わるのでしょうか。

 厚生労働省の医療施設動態調査によれば、一般診療所の数は2019年5月末概数で10万2396施設。2012年以来ずっと10万施設台を維持しており、新規開設数は毎年数百施設に上ります。病院勤務医の中にも、開業を志す方は依然として多いでしょう。

 ただし、これから先の診療所の経営環境は決して楽観視できません。外来医療の需要が近い将来ピークを迎えるとみられるからです。

診療所の経営環境は不透明…でも開業したい?の画像

ログインして全文を読む