日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

国際化が進む国内学会の残された課題とは

国際化が進む国内学会の残された課題とはの画像

 日本の学会が大きく変わりつつある。そして残された課題も明確になってきたようだ。7月18日から20日まで京都で開催された第17回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO)、7月初めにスペイン・バルセロナで開催された消化器癌の国際学会、ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2019を取材してそう感じた。

 まず、JSMOでの出来事について。今年のJSMOは、海外の参加者、特にアジアからの参加者が多く、ほとんどの口頭発表が英語で行われたのが印象的だった。最近、英語のセッションが行われる学会も増えてはいるが、ここまで英語での発表が多い学会は記憶にない。日本の学会の国際的な地位の向上のためにはとても良いことだと感じた。初日から海外の参加者が英語で質疑応答するのを聞きながら、時代は変わってきたことを痛感した。

この記事を読んでいる人におすすめ