「医師は労働者ではない」「医師に労務管理など必要ない」――。こうした考え方は少し前まで医療関係者の間で決して珍しくなかったが、180度転換しなければならなくなっている。働き方改革の流れで、2019年3月末に厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」(以下、検討会)の議論がまとまり、2024年4月から図1の(A)~(C)の時間外労働規制が医師に適用されることになったからだ。

現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」の画像

ログインして全文を読む