「お薬は忘れずに飲んでください」「摂取カロリーに気を付けて」――。糖尿病患者が薬局で薬を受け取る際、薬剤師から療養指導を受ける機会があるが、このような通り一遍の内容に終始しているケースが少なくない。薬局薬剤師が糖尿病患者に対してどのような療養支援を行うと効果的なのか。薬剤師がより踏み込んだ介入を行うため、そうしたエビデンスを構築するための研究が、最近各地で進んでいる。

患者の治療意欲高める薬局薬剤師の介入とは?の画像

ログインして全文を読む