日経メディカルのロゴ画像

 専門医に関する議論が二転三転している。本来、今年4月からは内科や外科、放射線科に関連する23領域について、サブスペシャルティの連動研修も始まっている予定だった。だが、厚生労働省の部会で連動研修どころか、23領域のサブスペシャルティ認定すら反対されてしまっている状況だ。

 3月22日に開催された厚労省の医道審議会医師分科会医師専門研修部会では、サブスペシャルティ専門医について議論がまだ不十分として、基本領域との連動研修だけでなく、既に日本専門医機構で認められていた23領域の専門医についても承認を見送った(関連記事:4月からの基本領域とサブスぺ領域の連動研修を認めず)。この承認見送りは、厚労省の事務局提案をほぼ異論なく認める形。かねて、機構や学会は、23のサブスペシャルティ領域について「既に十分議論されてきたこと」と訴えてきたが、厚労省の担当者も含めて説得できなかったことになる。

 専門医教育には地域医療に与える影響があることから、連動研修を開始できなかったことについては仕方がない部分はあるだろう。2018年に開始した基本領域の専門医制度の研修でも、当初の予定より開始が1年遅れた過去もある。

 だが、23領域が認定されなかったことについては、医学会側におごりはなかったか。

 実は、2月22日の同部会の際に、

この記事を読んでいる人におすすめ