「かぜをひいたみたいです」と受診した患者に総合感冒薬を処方しても、それは治療ではないのだろうか。ウイルスに対する手立てだけが治療で(かぜでは存在しないけど)、それ以外はケアなのだろうか。などということをずっと思いながら、議論を聞いていた。2月21日に日本緩和医療学会が開催したメディアカフェ「緩和ケアの報道に関する意見交換会」の場でのことだ。

「緩和ケア」という言葉が分かりにくい理由の画像

ログインして全文を読む