病院における麻酔科医の採用動向に、変化が起きている。特定の病院に属さない「フリーランス麻酔科医」の活用から脱却し、週3日以上勤務する麻酔科医の確保に動く病院が目立ち始めたのだ。この変化の背景には、常勤麻酔科医を重視する方針を示した2018年度診療報酬改定と、麻酔科専門医資格の更新要件を変更した新専門医制度がある。
 急性期医療を担う医療機関にとって、麻酔科医の確保は手術件数、ひいては地域の医療提供体制、収益に大きな影響を及ぼす。そのため、麻酔科医の採用に難渋した医療機関が頼ってきたのが、フリーランス麻酔科医だ。2015年の日本麻酔科学会の調査結果によると、フリーランス麻酔科医を含む「外部の麻酔科医」に業務を委託している医療機関は、大学病院の39.2%、一般病院の60.5%に上る。
 麻酔科業務を外部委託することに関して、2018年度診療報酬改定の議論では、「術前・術後の総合的な管理や、多職種・他の診療科の医師との連携を外部の麻酔科医が円滑に行うことは困難ではないか」といった意見が示された。

麻酔科医に影響及ぼす「脱」フリーランスの波の画像

ログインして全文を読む