日経メディカルのロゴ画像

図1 TELフォローアップを依頼する処方箋の記載例(提供:京都府立医科大学病院薬剤部、図2も)

 「TELフォローアップ、報告お願いします」――。2018年秋以降、京都府立医科大学附属病院では、薬剤名の下にこのように印字した院外処方箋を発行するようになった(図1)。「TELフォローアップ」とは、投薬後の副作用を電話でモニタリングする「テレフォン・フォローアップ」のこと。患者宅に電話をかけるのは、同病院の処方箋を応需した薬局薬剤師だ。

 対象は、同病院の外来で、経口抗癌剤のレンバチニブメシル酸塩(商品名レンビマ)による治療を受ける患者で、医師が患者にTELフォローアップの実施を提案。同意が得られた患者に対して、冒頭のような院外処方箋を発行している。

この記事を読んでいる人におすすめ