「冬休みをいつ取るか、予定を教えてください」「決められた期間に冬休みを取れない場合、その理由といつ取る予定かを報告してください」――。最近、職場でこうしたアナウンスをされていないだろうか。もし思い当たることがあるとしたら、あなたの職場は法令順守意識の高い職場かもしれない。

 2019年4月から、働き方改革関連法(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)が順次施行される。医療界では「残業時間の上限規制」が注目を集めているが、対応が急務となっているのが「有給休暇取得の義務化」だ。「年次有給休暇を年10日以上付与される労働者」について、このうち5日以上取得させることが使用者に義務付けられる。

 平たく言うと、有休を年10日以上付与される職員を5日以上休ませなければ、院長や事務長などの使用者が罰せられるようになる。さらに、労働者ごとの有休の取得日や付与日数などを記載した「年次有給休暇管理簿」を作成して3年間保存することも求められる。

「冬休みはいつ取りますか?」としつこく聞かれるワケの画像

ログインして全文を読む