「小児の在宅医療は誰が支えていると思いますか?」――こう聞かれて、どう答えるだろうか。漠然と、地域の小児科医かと思っていたが、現実は異なるようだ。

 高齢出産の増加に伴って先天異常児が生まれる確率が高くなる一方、小児医療の進歩によって救命が可能になり、結果として医療依存度の高い子どもが増えている。その中には、気管切開、人工呼吸器、胃瘻、中心静脈栄養などの高度な医療を必要としながらも、退院し自宅で療養が可能な子どももいる。

小児の在宅医療は誰が支える?の画像

ログインして全文を読む