日経メディカルでは、主に若手医師を読者対象にして研鑽を積むために役立つ書籍をいくつか発行してきた。問診を極めるための『聞く技術』、経験豊富な医師がが臨床推論を進める過程を解き明かした『考える技術』、臨床医学のエビデンスの作り方を解き明かした『論理的診察の技術』などだ。2018年11月からは、これらのラインアップに新たな1冊が加わる。それが『診断の近道 チャートで示す症状から診断まで』(原題:Algorithmic Diagnosis of Symptoms and Signs)だ。


プライマリケアの知恵が生んだ300のチャートの画像

ログインして全文を読む