「このまま介護職員の賃金が上がり続ければ、介護事業所で働く介護福祉士などの給与が看護職員より高くなることもあり得るのでは?」――。昨年末、総合的な介護人材確保策の一つとして「勤続10年以上の介護福祉士に月額8万円相当の賃金改善を行う」と閣議決定された際、筆者はこう思いました。この施策は2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げに伴い、その財源を用いて実施するものです。

 実際、先日取材したある介護事業所の経営者が「ウチでは既に介護福祉士の給料が准看護師よりも高くなっている」と教えてくれました。その会社は都市部で高齢者住宅を経営し、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所を併設。介護福祉士が月給26万2500円、准看護師が25万5000円、看護師が月28万5000円で求人を出しています(表1)。介護福祉士の給与は准看護師より7500円高く、看護師より2万2500円低い水準。介護福祉士の給与の内訳で大きいのが、介護職員処遇改善加算の収入を充てた6万7000円です。今般の介護福祉士の処遇改善が実現すれば、将来、看護師との給与水準が逆転しても不思議ではありません。

看護職員より介護福祉士の給料が高くなる?の画像

ログインして全文を読む