東京医大事件を契機として、医学部入試の在り方に、世間の注目が集まっている。東京医大に次ぎ、昭和大学でも不正入試があったことが明らかとなり、全国医学部長病院長会議は10月16日に記者会見を行い、医学部入試における公平性についての指針を1カ月以内にまとめる考えを示した。文部科学省も本格調査に乗り出し、監視の目も光っている。来年の医学部入試は、女性が合格しづらかった医学部の女性合格率が上がったり、多浪生は絶対入れなかった医学部に多浪生が多数合格したりと、その様相が大きく変わるかもしれない。

 そもそも、東京医大事件が大きな社会問題となった理由の一つに、加熱する医学部進学ブームがある。ブームは出版される医学部進学本の多さでも見てとれる。参考書や受験本の出版社ばかりでなく、大手新聞社による医学部受験関連のムック、大学医学部をテーマにした新書など、まさに百花繚乱の様相を呈している。

あなた、本当に子どもを医者にしますか?の画像

ログインして全文を読む