こちらの「記者の眼」コーナーではおそらく10度目となります河田と申します。日ごろはバイオテクノロジーの専門誌「日経バイオテク」(1981年創刊)の編集などに携わっています。

 今回はまず、不正入学試験問題とされる、医学部医学科の入学試験制度の問題について感想を述べます。

 東京医科大学で発覚した問題が2018年8月から話題が広がり、10月2日に成立した第4次安倍改造内閣で、文部科学大臣に就任した柴山昌彦氏が10月12日に調査の進捗を公表しました。

 医学部医学科がある全国の81国公私立大学について2013年度から2018年度の入試を対象に調査を実施し、性別などによる加点といった不正を認めた大学は無かったとのことですが、30ほどの大学に訪問調査を行って入試関係の資料を調べてみたら、いくつかの大学においては女子や浪人生に不利な扱いをするなどの疑いが浮上したとのことです。

 東京医科大の問題が判明して直ぐのころ、医学部対策に特化した予備校の説明会に参加したところ、医学部医学科の入学試験は、実は“就職試験”という意味合いが強い、という説明を聴き、なるほど、そういう見方もできるのだと妙に納得しました。

ノーベル賞と論文の被引用数「hインデックス」の画像

ログインして全文を読む