日経メディカルのロゴ画像

 2018年度は診療報酬介護報酬のダブル改定が行われました。診療報酬は2年に1回、介護報酬は3年に1回の改定頻度なので、同時に改定されるのは6年に1度しかなく、極めて貴重な機会だったわけです。

 医療と介護は密接に関わり合います。特に地域包括ケアシステムの整備が国によって強力に進められている中、両者はますます切っても切れない関係となってきました。ちなみに地域包括ケアシステムとは、「団塊世代が75歳以上となる2025年をめどに、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される」(厚生労働省のホームページより)体制のことです。

 特に医療と介護の両分野にまたがるサービスの整備は、この「一体的な提供体制」を確立する上で重要なテーマになります。例えば、「看取り」「訪問看護」「患者の入退院時や急変時の連携の仕方」などが挙げられます。6年に1度のダブル改定では、診療・介護報酬の両面から整備の後押しを進められるわけで、次の同時改定は2024年であることを考えると、今回の2018年度改定は2025年の地域包括ケアシステム構築を目指した最後のチャンスだったといえます。

この記事を読んでいる人におすすめ