最近、癌ゲノム医療の話題を報道などでよく目にするようになった。

 癌ゲノム医療とは、切除術や生検などで単離した癌組織などの遺伝子を網羅的に解析し、遺伝子異常などに即して治療方針を決める医療を指す。従来よりも高精度かつ低コストで遺伝子解析ができるようになったことや、特定の遺伝子変異を狙った分子標的薬が続々と実用化されていることなどにより、癌ゲノム医療は米国を中心に広がりつつある。

 日本でも昨年、厚生労働省の「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」(座長:国立がん研究センター研究所の間野博行研究所長)が報告書を取りまとめるなどし、政府が取り組みを本格化。遅くとも2019年度前半に、癌ゲノム医療に使用するための癌遺伝子パネル検査(パネル検査)が承認され、保険診療の枠組みで使えるようになる見通しだ。

癌ゲノム医療の“正しい”受け入れ方の画像

ログインして全文を読む