東京医科大学の入試不正事件について、弊誌のコラムニストが様々な視点で寄稿くださっている。いろいろな論点があると思うが、中には、「医師の養成には大金が必要で、税金を使って医学部を卒業させるのだから、医師として何十年もちゃんと働く人材を入学させる必要がある」という意見もあるのではないだろうか。一昔前によく聞いた、「高額な税金を使って医師になったのだから、しっかり奉公しろ!」的な理論だ。

「医師1人の養成に1億円かかる」はウソ!? の画像

ログインして全文を読む