日経メディカルのロゴ画像

 先日、武田薬品工業(東京都中央区)が、ランサップ(一般名ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン)とランピオンパック(ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール)を販売中止すると発表した(関連記事:武田、ランサップとランピオンパック販売中止)。

 ピロリ除菌キットの先駆けとも言えるこの2製品が、販売中止になることに感慨深いものがあったが、個人的には、同社が同日発表したもう1つのプレスリリースの方に興味を引かれた。アジルバ錠(アジルサルタン)など一部の製品で、140錠または700錠のPTPシート包装を販売中止するというものだ。100錠、500錠単位のPTPシートとバラは販売を続けるそうなので、要するにウィークリーシートをなくすということである。

この記事を読んでいる人におすすめ