日経メディカルのロゴ画像

 ICT活用に始まり、人工知能AI)やビッグデータブロックチェーンなど、テクノロジーが医療の課題を解決するという話をよく聞く。テクノロジーは医療の救世主なのだろうか?

 その答えはイエスでもあり、ノーでもある。医療を救うかもしれないのは、そのテクノロジーそのものではなく、アイデアだからだ。アイデア次第で、テクノロジーは医療を救いもするし、役立たずにもなる。

 医療は人が生きる限り必要なもので、産業としてなくならないと考えられている。そこで、既存・新規にかかわらず、多くの企業が医療業界に参入しようとしている。しかし、診療報酬制度という特殊なルールがある医療業界では、純粋な資本主義が通用しない。また、医療にはインフラの側面もあるため、規制が多い領域でもある。

この記事を読んでいる人におすすめ