日経メディカルのロゴ画像

 先日、取材で度々お世話になっている日本医科大学武蔵小杉病院薬剤部長の笠原英城氏から、こんなメールが届いた。

 「ヒアルロン酸やステロイドの関節内注射を打った日は、『入浴禁止』にしている医師が多いみたい。ワクチンは当日の入浴OKなのに、なぜだめなんだろう。夏でも冬でも、お風呂に入れないのはつらいはず」

 笠原氏の知人が肩関節周囲炎のため、整形外科でトリアムシノロンアセトニド(商品名ケナコルト-A他)の関節内注射を受けた際、医師から「今日は入浴しないでください」と言われ、疑問に思ったとのこと。

 東京都心を48年ぶりの大寒波が襲うなど、今年の冬は寒い。こんなときは、温かい風呂にゆっくり浸かり、縮こまった身体を温めたいものだ。だから、医師から「今日はお風呂に入らないで」と言われてしまうと、それが1日でもがっかりしてしまうのはよく分かる。
 
 予防接種を受けた日の入浴については、厚生労働省の「予防接種ガイドライン」の一般的注意として、分かりやすく記載されている(以下抜粋)。

この記事を読んでいる人におすすめ