2017年4月、医療事故調査・支援センターが、医療事故調査制度の発足以来初となる「再発防止策」を示したのをご存じだろうか(関連記事:医療事故調、センターが再発防止策を初提言)。 センターは、全国の病医院で「提供した医療に起因する予期せぬ死亡」が発生した場合、その報告を受け付けるほか、各病医院からの求めに応じて助言を行う。さらには、各病医院から院内事故調査報告書を受け取り、複数の事例を集めた上で分析を行い、再発防止策を示すことも役割の1つ。2015年10月からの医療事故調査制度発足に伴い指定された団体だ。

医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声の画像

ログインして全文を読む