日経メディカルのロゴ画像

ドラッグラグは病院で生まれるの画像

 珍しく雨の日が続いたサンフランシスコ市で開催されたGastrointestinal Cancers Symposium。ASCO GIと略称で呼ばれ、消化器癌では特に重要な学会の1つである。今回、この学会を取材し、免疫チェックポイント阻害薬や新規分子標的型抗癌剤の臨床試験の結果が幾つも報告され、今後、日常臨床が大きく変わっていくであろことを痛感した。胃癌の目玉の演題として、抗PD-1抗体のニボルマブが、3次治療以降の薬剤として切除不能進行・再発胃癌の死亡のリスクをプラセボよりも37%減少させることが発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ