日経メディカルのロゴ画像

シンギュラリティは人工知能から生命科学への画像

 日ごろはバイオテクノロジーの専門誌『日経バイオテク』(1981年創刊)の編集などに携わっています河田と申します。今回は、年末年始のテレビ番組などでも取り上げられた「シンギュラリティ」の話題をお届けします。シンギュラティー(Singularity)は、2045年に人工知能(AI)が人間の知能を追い越してしまうという20世紀最終場面で提示されたキーワードですね。日本語表記として「(技術的)特異点」と訳されることが多いようです。バイオの分野でも注目度が高まり、「シンギュラリティ生命科学」ともいえるような分野が台頭してきました。

この記事を読んでいる人におすすめ