日経メディカルのロゴ画像

 昨年、日経メディカルでは、「目からウロコのエコー活用術」という特集企画を組んだ。超音波診断装置エコー)の軽量小型化が進み、携帯型エコーを聴診器のように持ち歩く医師が増えていることを踏まえ、その活用法などを紹介した記事だ。

 実は今、看護の世界でも、エコーを積極的に活用しようという動きがある。患者の体内の状態を画像により可視化し、安全・確実な看護ケアにつなげる試みだ。画像をケアに応用する研究の第一人者である大阪医科大学看護学部准教授の松尾淳子氏は、「個々の看護師の勘や経験でなく、画像で客観的に評価することで、一つひとつの行為を根拠に基づき実施できるようになる」とその意義を説明する。

この記事を読んでいる人におすすめ