日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

大村氏かく語りき「賞は微生物にあげたらいい」

 己の不明を恥じるしかないが、日本にこれほど型破りな研究者がいるとは知らなかった。2015年ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった大村智氏(北里研究所顧問、北里大学特別栄誉教授)のことである。

 日経バイオテク編集部では、今年のノーベル生理学・医学賞を日本人が受賞するなら、細胞内小胞体の機能を解明した京都大学教授の森和俊氏か、制御性T細胞を発見した大阪大学教授の坂口志文氏の可能性が高いと予想し、記者をあらかじめ関西に送り込んでいた。

この記事を読んでいる人におすすめ