日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

研修医採用試験に折り鶴の実技!その狙いは?

都内で開かれた倉敷中央病院の「研修医実技トライアウト」

 「最初のお題は折り鶴です。15mm四方の折り紙を使って鶴を作ってください。制限時間は15分です。では、始めてください」

 司会者の合図をきっかけに、ピンセットを使って目の前に置かれた小さな折り紙を黙々と折り始める医学生たち。

 刻々と過ぎる時間、緊張で震える手。

 「3分が経過しました」

 「あと10秒です。10、9、8、7……」

 「終了です。作業をやめてください」

 これは、7月19日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された倉敷中央病院の「研修医実技トライアウト」の様子だ。同病院は、2016年度の研修医採用試験から、書類審査や筆記試験、面接といった一般的な試験に加え、実技試験を導入することを決めた。その実技試験のお試し体験がこの日に実施され、報道関係者にも公開されたのだ。

この記事を読んでいる人におすすめ