日経メディカルのロゴ画像

 一般消費者向け遺伝子検査(DTC遺伝子検査)の認知度が急上昇している。サービスそのものは以前からあり、2013年の経済産業省の調査によれば、約700の企業・機関が提供している。このうち約600は医療機関である。

 認知度が上がったのは、ヤフーやDeNAといった大手IT企業が新規参入したため一般マスコミでも取り上げられ、さらにネット広告などで派手にサービスの開始の告知を行ったからだ。最近の経緯は日経メディカルオンラインでも何度か取り上げているので、ご存じの読者も多いだろう。

 DTC遺伝子検査では、被験者のゲノムのうち数百ポイントをDNAチップで測定し、得られた遺伝子型を基に様々な疾患の発症率などを算出している。料金は提供企業やサービス内容によって異なるが、2万円から5万円程度。対象疾患は最大で300弱といったところだ。提供企業やサービス内容などについてより詳細な情報を知りたい方は関連記事(リポート◎DeNA参入で話題の個人向け遺伝子検査サービス)を参考にしていただきたい。

この記事を読んでいる人におすすめ