日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

臨床現場の疑問解決こそビッグデータの出番

 「宝の山」と巷間注目が高まっているビッグデータ。医療領域でも、カルテ、レセプトは元より、診断群分類(DPC)に疾患レジストリーと、多種多量のデータが年々うず高く積み上がっていく。これらのデータを分析すれば、病院経営の効率化や超高齢社会に対する医療政策立案に活用できる。あるいは、ビッグデータといえばライフサイエンス。ゲノムのデータ解析を進めれば疾患の原因や創薬ターゲットが続々見つかると期待される。

この記事を読んでいる人におすすめ