日経メディカルのロゴ画像

 団塊世代が75歳以上となる2025年を見据え、国は地域包括ケアシステムの構築を進めている。日本医師会も3つの方針の1つに地域包括ケアシステムを掲げ、力を入れる(参考記事:再選の横倉会長が語る日本医師会“3つの方針”)。地域包括ケアシステムは、高齢者が最期まで住み慣れた地域で生活を続けられるよう、地域の実情に合わせた医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスを切れ目なく提供するものだ。人口1万人程度の中学校区を1つの単位に想定している。

 地域包括ケアに積極的に取り組む自治体の1つが、埼玉県和光市だ。和光市はこれまで「長寿あんしんプラン」と銘打つ計画を実行してきた。内容は、高齢者住宅への支援やケース調整などを行うための地域ケア会議の開催など様々だ。

この記事を読んでいる人におすすめ