日経メディカルのロゴ画像

 タイトルに取り上げた問いは、今年4月に発刊された「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」を踏まえたもの。発刊に際して記者会見を開くなど、日本高血圧学会は啓発活動に積極的に取り組んでいる。もっとも、メディアもドラフト版の内容が明らかになった頃から、様々な形で改訂ポイントを解説する記事を取り上げているので、既に正解を知っている臨床医も少なくないかもしれない。

JSH2014で初めて明確に示された
 今改訂における注目点の1つである降圧目標を紹介する。65歳未満の若年者・中年者は130/85mmHg未満から140/90mmHg未満へ、75歳以上の後期高齢者は140/90mmHg未満から150/90mmHg未満へ、心筋梗塞後患者は冠動脈疾患患者とされ130/80mmHg未満から140/90mmHg未満へ改められるなど、いずれの項目も目標血圧値が据え置かれたか引き上げられた。

 降圧目標は年齢と合併症に基づいて決めているため、糖尿病で後期高齢者の患者の場合、2つの目標があることになる。つまり、糖尿病患者として見ると130/80mmHg未満となり、後期高齢者として見ると150/90mmHg未満となる。

 このように年齢と合併症の存在によって降圧目標が異なる場合、「まず年齢による降圧目標を達成することを原則とし、忍容性があれば合併症の存在による低い方の値を目指す」とJSH2014には明記されている。従って、この場合の目標値、つまり冒頭の問いへの答えは150/90mmHg未満となる(もちろん忍容性があれば130/80mmHg未満を目指してよい)。

 このようなケースは珍しくないはずなのに、異なる降圧目標がある場合の考え方を明確に示したのは、実は今回のJSH2014が初めて。以前は低い方を降圧目標と解釈する専門医が多かったので、前のガイドラインであるJSH2009と比べると、降圧目標値は20/10mmHgも引き上げられたことになる。

日本の食塩摂取目標値は高め
 JSH2014におけるもう1つの注目点は食塩摂取基準だ。減塩目標は今回の改訂では見直されなかったので、降圧目標より知っている臨床医は多いかもしれない。

 さてJSH2014では6g/日未満と定めている。また、厚生労働省による日本人の食事摂取基準(2010年版)では男性9.0g/日未満、女性7.5g/日未満に設定している。なお現在のところ、2015年版ではそれぞれ8.0g/日未満、7.0g/日未満と、さらに引き下げられる見込みだ。

 しかし、2011年国民健康・栄養調査結果によれば、日本人の食塩の平均摂取量は男性11.4g/日、女性9.4g/日と、低下傾向にあるものの依然として目標値との乖離は大きい。また、2010年版の食事摂取基準の目標値を超えているのが男女とも約7割に達している。

 一方、世界保健機関(WHO)のガイドラインでは一般成人の摂取量は5g/日未満にすべきとしている。実は厳しいと考えられがちな日本の基準の方が緩いのだ。

 6g/日未満を患者に実践してもらうのは難しいと認識している臨床医は少なくないが、日本高血圧学会は減塩に向けた活動に取り組んでいる。その1つが減塩食レシピの作成だ。また、学会のランチョンで提供している弁当に減塩食を採用し、6g/日未満が決して無理な目標ではないことをアピールしている。

 なお、弊誌でもJSH2014の改訂ポイントを紹介しているので、興味のある方はそちらも読んでいただきたい(参考記事「最新ガイドラインを読み解くPart 2 高血圧治療ガイドライン」)。

この記事を読んでいる人におすすめ