日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

正直に症状を話すとは限らない癌患者をサポートするには?

 「先生はいつもお忙しそうなので、副作用のつらさを話すのがはばかられる雰囲気です。無理だとは思いますが、十分とことん話を聞いてほしいと思うときがあります」

この記事を読んでいる人におすすめ