日経メディカルのロゴ画像

 「ロコモ」とは、日本整形外科学会が2007年に定めた新しい概念である「ロコモティブシンドローム運動器症候群)」の略称。運動器の障害により要介護となっていたり、要介護になるリスクが高い状態と定義されている。

 骨や関節、筋肉、神経といった運動器の疾患が高齢者の寝たきりの大きな原因となっていることを、国民が十分に認知していない現状を踏まえ、運動器の重要性を啓発するために同学会が提唱した。厚生労働省の2010年国民生活基礎調査で介護や支援が必要となった原因を見ると、関節疾患と骨折・転倒を合わせた運動器疾患は21.1%で、1位の脳血管疾患の21.5%にほぼ匹敵している。認知症は15.3%、高齢による衰弱は13.7%で、運動器疾患予防がいかに重要であるかが分かる。

 2007年以降、日本整形外科学会はその認知度向上に積極的に取り組んできた。特徴的なのは医療関係者だけでなく、一般の人々にもいろいろな形で分かりやすく情報提供しようとしていることだ。

 その1つが、自分で運動器の状態を確認し、ロコモティブシンドロームの恐れがないかをチェックする「ロコチェック」だ。7つのチェック項目からなり、片脚立ちで靴下がはけない、家の中でつまずいたり滑ったりする、階段を上るのに手すりが必要である──などをセルフチェックする。1つでも該当すれば、開眼片脚立ちやスクワットなどの「ロコモーショントレーニング(ロコトレ)」を始めるよう勧めている。既にロコトレで運動機能が回復したという成果も公表されているという。

 また、「ロコモ チャレンジ!推進協議会」を設立し、ロコモに関するさまざまな啓発活動を行っている。Webサイトでロコチェック、ロコトレなどについて紹介している。

 国もロコモ対策に乗り出し、2013年度から始まる「21世紀における第2次国民健康づくり運動(健康日本21[第2次])」にロコモの認知度向上を盛り込んだ。ロコモの予防の重要性が認知されれば、国民全体として運動器の健康が保たれ、介護が必要となる人を減らせると期待されるからだ。そこで、日本整形外科学会によるインターネット調査では17.3% にすぎない現状の「ロコモ」の認知度を、10年後の2022年度には80%にするという目標が設定されている。

 医学用語としては、認知度80%はかなり高い目標と思われるが、過去にメタボリックシンドロームで認知度80%との目標が設定され92.7%に達したため、それに準じて目標値が80%とされた。

 企業もロコモに注目し始めている。メタボに続けとばかりに、ロコモを予防するための医薬品、健康食品、運動サポート商品などが登場しつつあり、ロコモ予防関連市場に期待している企業が少なくないようだ。

 ロコモに該当する人とその予備軍は全国に4700万人もいると推測されているだけに、認知度向上だけでは十分とは言えず、ロコモを減少させる方策も今から検討しておくべきだろう。もっとも数を減らすことについては、認知度では目標を達成したメタボも同じ課題を抱えている。

 高齢者の寝たきりを減らすだけでなく、健康寿命を延ばすためには、メタボ対策に加えてロコモ対策が重要になる。プライマリケア医も積極的に取り組む必要がありそうだ。

この記事を読んでいる人におすすめ