日経メディカルのロゴ画像

写真1 筒井歯科大阪北浜インプラントセンター(大阪市中央区)の高島美祐氏

 歯科領域でどのような治療の進歩や患者像の変化が起きているかを、医療メディアの立場で知る機会は、正直に言って少ない。今回、患者の立場でも気になる感染制御や再発リスクの低い治療法について、意欲的な歯科臨床医の1人である筒井歯科大阪北浜インプラントセンター(大阪市中央区)の高島美祐氏(写真1)に取り組みを聞くことができたので紹介したい。1つは「ラバーダム防湿法」の徹底、もう1つは手術用顕微鏡を用いた精密治療の現状の話題だ。

 最近では多くの歯科診療所では、治療器具が入った滅菌パックを患者の目の前で開封して使うようになった。歯科医師や歯科衛生士が患者ごとに手洗いし、手袋をつけ換えるのも常識になりつつあるようだ。

 こうした院内感染の防止とは別に、治療時の患部に対する清潔管理の課題がある。比較的古くからある感染防止法の1つがラバーダム防湿法だ。高島氏は、「ラバーダム防湿法なしの根管治療は考えられません」と指摘する。

 虫歯が悪化して歯の中心部にある歯髄まで進行すると、歯髄にある神経と血管を取り除いた上で、歯根部の末端まで続く根管の感染部位を削り取り、根管をゴム素材と接着剤で埋める「根管治療」と呼ばれる処置を行う必要がある。

この記事を読んでいる人におすすめ