DI Onlineのロゴ画像

第10回
パーキンソン病の病態と薬物選択(1)…レボドパとドパミン受容体刺激薬

2011/10/31

 薬剤師国家試験対策予備校「ファーマプロダクト」のベテラン講師、和田功氏による薬理・病態学講座。第10回と第11回では、パーキンソン病の病態に基づく治療薬選択について解説します。まずは、錐体外路障害の「錐体外路」とは何かといった病態の基礎をおさらいした上で、パーキンソン病治療の基本薬であるレボドパとドパミン受容体刺激薬という2つの薬の使い分けについて学んでいきましょう。

著者プロフィール

和田 功氏:1965年福岡県生まれ。1988年第一薬科大学卒業。薬剤師国家試験対策予備校勤務を経て、2008年に薬剤師国家試験対策予備校のファーマプロダクトを設立。東京校の代表取締役を務める傍ら、本校「国試対策講座」や代ゼミサテラインでの「薬局薬剤師さんのためのスキルアップ講座」(9月より開講中)などで教鞭をとる。担当教科は機能形態学、薬理学、病態学、製剤学。

連載の紹介

和田功の「今だから知りたい 薬理・病態学」
薬剤師国家試験対策予備校「ファーマプロダクト」の代表取締役で、東京校で薬理学などの教鞭を執る和田功氏が、薬局薬剤師に向け、薬剤師として働く今だからこそ知りたい「薬理学・病態学に関する素朴な疑問」をわかりやすく解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ