DI Onlineのロゴ画像

関節リウマチ、術後疼痛への適応拡大の要望受け
カロナール、疾患・症状問わず鎮痛目的で使用可能に

 厚生労働省は、2022年7月29日、カロナール(一般名アセトアミノフェン)について、効能・効果を「各種疾患及び症状における鎮痛」に変更する事務連絡を発出。同日より保険適用とした。

 カロナールの効能・効果は、これまで各種疾患・症状の記載が多岐にわたっていたが、厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」における、同薬の術後疼痛および関節リウマチに関する要望に対する検討結果を踏まえ、国際的に標準的な鎮痛薬と位置づけられている点も考慮し、効能・効果は、疾患名の列挙ではなく「各種疾患及び症状における鎮痛」とすることが適切とされた。7月29日に開催された厚労省「薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会」において、適応外使用に係る公知申請についての事前評価が行われた結果、カロナールについて公知申請を行っても差し支えないとされ、効能・効果の変更が了承された。なお、用法・用量についての変更はない。

この記事を読んでいる人におすすめ