DI Onlineのロゴ画像

規制改革推進会議が答申まとめる
調剤の一部外部委託、実現に向け技術的な検討へ
2022年度に結論、40枚規制の見直しに向けた課題の整理も

規制改革推進会議の冒頭に挨拶する牧島かれん規制改革相(写真右)。
左は議長を務める夏野剛氏。

 内閣府の規制改革推進会議が2022年5月27日に開催され、「規制改革推進に関する答申」をとりまとめた。薬局や薬剤師に関わる内容としては、調剤業務の一部外部委託や在宅業務における点滴薬剤の充填・交換、褥瘡への薬剤塗布、薬局以外からの場所(薬剤師の自宅等)からのオンライン服薬指導などが並ぶ。今回の答申を受けて策定される規制改革実施計画が閣議決定されれば、実現に向けて大きく動き出す。

この記事を読んでいる人におすすめ