DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2022
薬剤調製料は内服薬1剤につき24点で一律に
調剤管理料の内服薬は処方日数に応じて4~60点の4段階

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2022年2月9日に開催され、2022年度調剤報酬改定の個別項目と点数について、厚生労働相に答申した。

 22年度改定で最もインパクトがある項目は、薬局・薬剤師業務の評価体系を、対物業務中心と対人業務中心の点数として、(1)薬剤調製料、(2)調剤管理料、(3)服薬管理指導料──と大きく3つに組み替えたことだろう。

この記事を読んでいる人におすすめ