DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2022
調剤料の大胆な組み替え、徐々に明らかに
薬剤服用歴管理指導料は“解体”か

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2022年1月12日に開催され、厚生労働省は「2022年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)」(以下、整理案)を提示。調剤料に関しては、これまでの議論でそこに含まれている対物業務と対人業務の評価をそれぞれ組み替えて新たに点数化する方向性が示されていたが、詳細が徐々に明らかになってきた。

この記事を読んでいる人におすすめ