DI Onlineのロゴ画像

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2021年12月8日に開催され、2022年度調剤報酬改定に向けて後発医薬品の使用促進を巡り議論が交わされた。後発品に関する体制加算の段階的廃止を求める支払い側に対して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は「報酬上の評価を大きく変更すべきでない」などと主張した。

この記事を読んでいる人におすすめ