DI Onlineのロゴ画像

厚労省が医療機関や卸業者に過剰購入を控えるよう通知を発出
物流センター火災で28品目が供給不安の可能性
大原薬品は最大で67品目が欠品の可能性

 2021年11月29日に発生した、日立物流西日本物流センター(大阪市此花区)の火災による医薬品への影響が徐々に明らかになっている。これを受け、厚生労働省医政局経済課は21年12月6日、火災により供給不安定となる可能性がある17成分28品目について可能な限り安定供給を確保するため、過剰な購入を控えるよう医療機関や卸業者に求める事務連絡を発出した。

この記事を読んでいる人におすすめ