DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2022
調剤料に含まれる対人業務の部分、改定で整理か

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2021年11月26日に開催され、2022年度調剤報酬改定に向けて調剤料に関して議論が交わされた。これまでの改定で対物業務の“象徴”として適正化されてきた調剤料だが、その中身の一部に対人業務を評価している部分があるとして、診療側と支払い側双方から整理、検討を求める声が上がった。

この記事を読んでいる人におすすめ