DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2022
「多剤調剤を薬歴管理料で評価」に反対続出
かかりつけ薬剤師以外の薬剤師による対応への報酬にも賛否

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2021年10月22日に開催され、2022年度調剤報酬改定に向けた議論が交わされた。薬剤服用歴管理指導料において薬剤種類数が多い場合の報酬の引き上げや、かかりつけ薬剤師指導料等を算定している患者に対してかかりつけ薬剤師以外が対応した場合の評価を巡っては委員の間で賛否が分かれ、引き続き検討していくこととなった。

この記事を読んでいる人におすすめ