DI Onlineのロゴ画像

製薬5社がアセトアミノフェン6品目を自主回収
承認書の記載と異なる製法、使用期限内の全ロットが回収対象に

 長生堂製薬(徳島市)と日本ジェネリック(東京都千代田区)は2021年9月3日、消炎鎮痛薬のアセトアミノフェン錠200mg「JG」、同300mg「JG」について、在庫分を含む使用期限内の全ロットをクラスⅡで自主回収すると発表した。同薬は、長生堂製薬が製造販売元で日本ジェネリックが販売している。また、長生堂製薬に製造委託し、ニプロ(大阪市北区)、高田製薬(さいたま市南区)、辰巳化学(金沢市)が販売するアセトアミノフェン錠についても、3社は同日、全ロットを自主回収すると公表した。

この記事を読んでいる人におすすめ